chocoooo

韓国アイドル大好きです!missA スジちゃん WINNER iKON BLACK PINK

WINNER ミニインタビュー

5日間毎日更新されたWINNERのミニインタビュー。

5人まとめました😊

Do you know “WINNER”?

エクラ9月号(8月1日発売)のCLOSE-UPページで紹介する5人組のボーイズグループ、WINNER。彼らはK-POPをワールド・スタンダードに押し上げた立役者のBIGBANGの弟グループだ。偉大な先輩の元で切磋琢磨してきたWINNERの作る音楽は、若者のみならず、成熟した大人の耳と胸に心地よく響く。二十代前半の才能溢れる青年たちの素顔とは。ここでは本誌に載せきれなかったコメントや取材のこぼれ話を、本誌発売カウントダウン形式で5回にわけてお届けします。


テヒョン

僕の名前は、ナム・テヒョン

94年5月10日生まれ。22歳。血液型A型。グループでは主にハイボーカルを担当。グループの末っ子だが背が高く、スレンダー。華奢な見た目と自由な言動から、「猫に似てる」と評される。本誌が、好きな日本語をたずねると「加藤ミリヤ」と答えて、周囲の者たちの首を傾げさせていた(ちなみに、その単語を選んだ理由は、「言葉の響きが美しいから」だそう)。
そんなふんわりした彼の魅力は、そのギャップかもしれない。細い体なのに趣味は格闘技だし、好きな食べ物は“肉”。「日本には、手軽に食べられるステーキ店があるので、来日するたびに行っています」。ステーキだけでなく「焼き肉も、ホルモンも大好きですね!」と、肉への愛情を語り始める。「実はアレルギーがあって、食べられる魚介類が少ないというのも、僕がより肉好きになった理由かもしれません」。くるくる表情を変えるその姿は、まさに猫のようだった。


スンユン

僕の名前は、カン・スンユン

94年1月21日生まれ。22歳。血液型B型。リーダー。ボーカルを担当。オーディション番組『SUPER STAR K2』で注目を浴び、現事務所へ。圧倒的な歌唱力と作曲センスを持つ。デビュー前には、人気シットコムドラマ『恋の一撃 ハイキック』にも出演。グループの中では下から二番目だが、その経歴と、10代から培ってきた歌とトークのセンスが買われてリーダーに。さらに日本語も堪能で、ライブのMCや取材も全て日本語で行っている。本取材中、「福岡ではおいしいモツ鍋が食べられるんです」と、日本の若者ですら“食べれる”と言う言葉を正しく言ってのけた。また韓国の方には発音しにくい“ひつまぶし”も正確に発音。「好きな日本語は“ひつまぶし”にします。褒めていただいたので」。しっかり者のリーダーはメッセージまでくれた。「エクラ読者は年上のお姉様方だと伺いました。家庭で子育てをしていたり、社会人として働いている方が多いと思いますが、皆さんが、皆さんの人生や日常の中で“WINNER”になれるような、元気の出る音楽を届けたいと思っています。どうか応援をよろしくお願いします」


ミノ

僕の名前は、ソン・ミンホ

93年3月30日生まれ。23歳。血液型A型。ラップを担当。趣味・特技はビートボックス、絵を描くこと、バスケットボール。韓国アンダーグラウンドのヒップホップシーンでの活動経歴もあり、そこで培った見事なラップメイク、そしてビートボックスを活かしたパフォーマンスは音楽の振り幅を広げている。低音ボイスにクールな顔立ちのため、とっつきにくいコかも、と思いきや、目が合うと花が咲いたように笑顔を見せてくれた。愛嬌があり、情も深いタイプらしく、メンバーのジヌがこう語る「テヒョン君と同じくらいミンホ君も母親思いです」。そのときは照れてうつむいていた彼。しかし、将来の野望について答えたとき、愛嬌が垣間見えた。「歌手としても人としても、最高になりたい」(スンユン)、「幸せな人間でありたい」(テヒョン)という答えが居並ぶ中、「俺は海賊王になる!」と宣言。周囲に漂う空気の変化を感じ取った彼は、すぐさま「……というのは冗談で、誰かのロールモデルになれたら嬉しいです」と答えていた。


スンフン

僕の名前は、イ・スンフン

92年1月11日生まれ。24歳。血液型A型。ラップ担当。オーディション番組『K-POP STAR』出身。ダンスのコリオグラフを行うなど、グループの要となるメンバー。彼のキレのあるラップとダンスは、グループのパフォーマンスの見どころのひとつ。長身でファッションセンスも高い。メンバーと一緒にいるときは、ほっこりする、あどけない笑顔を見せるスンフンは努力の人だ。現在の事務所に入りたい一心で、高校卒業後、釜山の実家から単身ソウルへ。事務所の見える屋上部屋に住みながら、オーディション番組に出演、夢を叶えた。デビュー当初は「ただひたすら走っていた」と語っていた彼だったが、「3年もやってきているので、だいぶ慣れてきました。最初は日本語の歌詞でラップをすることが、本当に難しくて…。でも今は日本での活動を楽しんでいます。特に全国ツアーの裏テーマともいえる“未知のグルメ探し”。油そばに続くヒットメニューを見つけたいです」。


ジヌ

僕の名前は、キム・ジヌ

91年9月26日生まれ。24歳。血液型A型。ボーカル担当。グループ最年長メンバー。美麗なビジュアルと、荒削りながらも甘いボーカルがグループに彩りを添えている。純粋で素直な性格。年上だが偉ぶらず、年齢に関係なく相手の話を聞くことができるので、メンバーに愛されている。取材中も、彼のほっておけない魅力が爆発。「以前、仕事で行った北海道でスキーをしたんですけど、人生で初めての経験だったから、とても楽しかったです。札幌はビールも美味しいですが、雪山も楽しいですね」というジヌに、スンユンが「ジヌさん、スノーボードでしょ?」、ミンホが「最初からうまく滑れた?」と、合いの手を入れる。すると「あっ、スキーじゃなくてスノーボードだ! 初めてだったからテヒョンくんに教えてもらいました」と慌てて付け加え、「札幌のビール、美味しかったね。雪山もまた行こうね」とニッコリ答えたのだった。そんなジヌの野望は「成功して、お金を稼いで、ゆくゆくは宇宙に逃げたいです」。メンバーから「宇宙に旅行でしょ!」と、総ツッコミが入ったことは言うまでもない。 


取材・文/中川 薫
eclat 韓チャンネルのマイページ|eclat(エクラ)